ニキビ跡の赤み

ニキビ跡の赤みというのは、かなり目立つので、気になるものです。ニキビ跡の赤みは、化膿したニキビなどの炎症が原因で、赤みが残った部分は、ニキビを悪化させてしまった結果です。炎症を起こしたニキビほど跡を残しやすいもので、ニキビ跡の赤みはその1つです。ニキビ跡の赤みが残っている場合、肌の奥に炎症が残っている可能性があるので、治療には時間がかかります。ニキビ跡の赤みというのは、皮膚の奥の炎症が治っておらず、皮膚の奥の炎症が表面に赤みとして出てきている状態です。ニキビが悪化している状態なので、皮膚の奥まで炎症が拡がっています。炎症周辺の毛細血管がうっ血を起こしているので、赤みが出るわけです。ニキビ跡の赤みが起きるのは、ニキビの炎症が原因で、周辺の血液の流れが悪くなってうっ血し、毛細血管に溜まった血液が赤みを作るのです。ニキビ跡の赤みを治すには、肌のターンオーバーをスムーズにする必要があります。寝不足が続いたり食生活が乱れたりすると、肌荒れしやすくなり、肌のターンオーバーが乱れやすくなるので、ニキビ跡を消すためには規則正しい生活をしなければなりません。